子供との距離

子供の距離というのが重要になります。あまり近すぎてもよくありませんが、遠すぎると勉強を一緒にやっていく上でよくありません。ですから、プロ講師は適切な子供との距離を考えて勉強を教えていきます。
講師と勉強をしていくにしても遠すぎて子供のことがわからないというのは、勉強をする上でよくありません。中学受験の対策を考えるにしても子供の弱点がどのようなものがあるかは子供の近くでないとわからないということがありますので、ある程度子供に近づいて状態を確認しないといけません。しかし、近すぎると友達感覚になってしまいよくありませんのでその距離感が難しいです。ですから、プロ講師はこの距離感を掴むために様々なことをして距離を一定に保つのです。

子供の距離感を考えることは講師だけではありません。親も子供との距離を考えないといけません。ただし、講師と違ってある程度子供に近づいても問題ありません。むしろ子供の心のケアーをするためにもある程度は近くないといけないでしょう。ですから、子供との接し方を考えて中学受験に臨むようにしてください。少なくとも講師も親も子供との距離を開けすぎないことが重要です。遠すぎることは様々な面で出遅れることがありますので注意しましょう。