長期休みの勉強方法

夏休みや冬休みと言った長期休みがあります。このような休みは学校がない分、勉強意欲が低下することがありますので、1週間単位で目標を作るようにしたほうが良いです。そのほうがしっかりと中学受験のための勉強をすることができるでしょう。

長期休みの場合、学校に行かなくても良いという開放感が子供には少なからずあります。そのようなことがあり勉強意欲の低下を出すことが多いのです。ですから、勉強意欲の維持をするためにも目標を作ってしっかりとそれを守れるようにして勉強をするのが良いです。その場合の目安としては休みの目標ではなく1週間の目標として作るのが良いです。目標をこまめに設定することで学校が無くても勉強をするということを心がけることで中学受験に臨める状態にすることができます。

ただし、目標が明らかに難しすぎたり、簡単すぎたりしないようにしましょう。それでは目標を作った意味がありません。それとやはり休みということである程度の休憩できるようにしたほうが良いので、目標はしっかりと考えて作るようにしましょう。最後に目標をクリアしたら何かしらのご褒美があることで更に意欲を上げることができるのでうまく飴と鞭を使うようにしましょう。