わかりそうなところ

中学受験をする上で確実に問題を解けることができるものが多ければ多いほど中学受験に合格しやすくなります。ですから、子供がもう少しでわかるという問題などは接触的にできるようにするのが良いのです。

勉強をしていく上で、少しだけわからないや説明されればすぐに理解することができる問題というのがあります。そのような問題が多いと多くのミスを出すことがあります。しかし、このような状態は一歩進むことで理解することができるので、このような状態の問題は「できる」ようにしたほうが良いのです。下手に子供が理解していないところを教えるよりも、そのような問題を一つでも「できる」ようにすることで勉強を一つ理解することができるようになります。ですから、このような問題を積極的に勉強するのが良いです。

できる問題と全くできない問題は正直後回しでも良いです。もちろん、後から勉強をしないといけないのですが、上記のようなもう少しで「できる」問題を先に勉強したほうが、効率が非常に良いです。そもそもできていない問題を減らすことができますので勉強しないといけないことが減ります。ですから気持ち勉強をしやすくなるのです。ですから、このような問題があるかをしっかりと確認して一つずつクリアしていけば良いのです。