子供に説明させる

中学受験などの勉強をする時に、子供に問題の意味の説明をさせるというやり方があります。このやり方をすることで中学受験のために理解しているかを見極めることができるでしょう。

説明できるということは理解しているということです。ですから、勉強をする時に教えるという勉強方法があります。ただし、このようなやり方は勉強になるのですが教えるということに慣れていないとどうしてもよくわからないということになり、本人の意欲を無くすことがありますので注意です。ですから、このやり方をする場合はわかりにくくても聞き手が理解してそれが合っているかを確認する技術が少しだけ必要になります。ともかく理解しているならスムーズに説明をすることができるのでやらせてみるとよいでしょう。説明してもらい何かしらの勘違いがある場合は正すことでより理解をすることができます。

これは人にもよりますが、友達がわからないから教えるという場合、上記のように説明させる勉強方法はしていると良いです。特に理解をしていない人に説明できればそれは勉強意欲になります。ですから、学校などでそのような機会があるならとても良いでしょう。ですが、正直小学校でそのようなことがあるかというと微妙なところです。高校や大学になるそのようなことが増えるかもしれません。