集団の利点と欠点

中学受験をする時に勉強する環境をよく考えて選ぶようにしましょう。塾などの集団で勉強をするかそれとも個別に勉強できる家庭教師などを使用するかを考えて利用するようにしましょう。
集団で勉強するメリットと言うのは、集団で競い合うことです。子供どうしが点数を競ってやっていくことで大きく偏差値を上げることが出来る場合があります。数字という簡単に判別できるものですので、これは有効的でしょう。

しかし、デメリットもありますので注意です。主に集団で勉強する場合は、わかっていることが前提で進んでいくため、ついて来られない場合どんどん教えてもらっているところがわからなくなることがあります。それがかなり問題になっており、中学受験をする子供の中にもこれで合格できないという場合があります。他にも集中して勉強をしたいのに集団が居て集中できないというデメリットもあります。このようなデメリットがありますので、できるなら個別でそれぞれの子供に合っている勉強をおすすめします。

プロの講師によってはそちらのほうが効率的だと言っている人も多いのでどのように勉強をしていくかを考えて中学受験の勉強をさせましょう。ただし、あくまでも子供に合っている勉強方法をするようにしましょう。