講師の使い方

基本的に講師というのは教える仕事ですから、子供の勉強を教えていくことになります。しかし、学校の先生と違うところがあります。それが一から勉強を教えるというわけではないことでしょう。
もちろん、一から教えるような講師もいるのですが、それは本当に最初から教育として雇われている人に限ります。故に、中学受験のためにプロの講師を雇う場合は基本的には一からではなくある程度学校から教えてもらってからとなります。故に、中学受験のための講師の使い方としては復習を主にすることになるでしょう。

特に子供がわかっていないところを集中的に勉強して理解してもらうことになります。故に、講師はわからないところ見ることになります。もちろん、予習のやり方は教えます。予習の正しいやり方を理解すれば今後の勉強に活かすことができるでしょう。しかし、基本的には復習として講師を使用することを考えて欲しいです。

すべての勉強を完全に理解している子供は基本的にはいません。ですから、講師としては苦手分野を克服してもらい出来る限り中学受験に合格しやすくするのが仕事になりますので、講師をうまく使うようにしましょう。ちなみに、塾の方も基本的には復習という形になっているところが多いです。